家って500万円くらい簡単に損しちゃう実話

注文住宅で家を建てるにはいくら必要?建築費用の実例について

注文住宅の費用

注文住宅で家を建てる費用を具体的に考えるために役立つのが、これまでに建てた人の実例を参考にすることです。

いくらでどんな家が建てられるのかがわかれば、自分が建てたい家についてのイメージも明確にしやすくなるでしょう。

そこでここでは、注文住宅で家を建てるにはいくら必要になるかを建築費用の実例をもとに考えてみることにしましょう。

平均的な建築費用でどんな家が建てられる?

建築費用は一般的に坪単価で表示されますが、相場は住む地域や建築を依頼する会社によっても大きな違いがあります。

ある調査では延べ床面積40坪、総費用約3500万円というのが、ごく平均的な広さと建築費用として公表されています。

注意したいのは総費用には様々な費用が含まれるため、建築だけに掛けられる費用ではないという点です。

予算が3500万円だとすれば、建築費用は7割から8割程度だと思っておいた方が良いでしょう。

残りは外構工事や電気、ガス工事などの付帯工事費、ローンの申請や火災保険などにかかる諸費用です。

また全国的な平均ということで、地域による差も大きいため建設予定地の相場を知ることも大事です。

費用の実例 建築費用の実例は、当サイトのこちらの記事を参考にしてみてください。

首都圏や大都市では高く、地方では安いというのが通例ですが依頼する会社によっては地方でも高額になることがあります。

費用や間取りなどの実例を参考にする際には、地域差についても考慮することを忘れないでください。

これ以外に設備のグレードや建築の工法など、価格差が生じる要因は他にも色々とあることを覚えておきましょう。

シンプルを極めればコスト削減が可能

住宅の平均的な広さと言われる40坪でも、設備にかける費用や間取りをシンプルにすることで1000万円台でも家を建てられます。

平均的な建築費用よりも安く建てられるため、予算に余裕がない人でもマイホームを手に入れることができるでしょう。

ただし家作りはこだわればこだわるほど高くなるものなので、費用を抑えるためにはシンプルな設計にすることが大事です。

とはいえ、将来的にリフォームすることを考えれば、間取りに余裕を持たせておくことは悪いことではありません。

子供が小さいうちはオープンなスペースを広めに、成長に合わせて部屋を区切って使うなど工夫次第で変化が付けられます。

低価格で建てられるデザイナーズハウスなども増えているので、コスト削減しながらお洒落な家に住むことも可能です。安くても良い家、施主の希望を叶えてくれる家を建てる方法はたくさんあります。

できるだけ多くの工務店やハウスメーカーを比較して、コスト削減が得意な業者を選ぶこともポイントになるでしょう。

安易に妥協するのではなく、納得できるプランを提案してくれる業者を探すことも成功の秘訣です。

理想を全て叶えるにはどのくらい必要?

建坪40坪で施主の理想を全て取り入れた住宅を建てるには、4000万円ほどかかると言われます。

コの字型やロの字型の家は外壁が多くなるため塗装費用なども高くなりますが、4000万円の予算があれば実現可能です。

また瓦屋根や漆喰の壁など、素材にこだわった家作りが可能な価格帯とも考えられます。

家にこだわりを持つ人の希望を取り入れていくと、建築費用が4000万円台後半になることも珍しくありません。

無垢の木を使ったフローリングやウッドデッキ、吹き抜けのあるリビングなどもこの価格であれば予算内に収まるでしょう。

キッチンやバス、トイレの設備も最新のものを取り入れることが可能ですが、これは省エネや光熱費削減にも役立ちます。

予算内に抑えることを重視したプランでなくても建築可能で、理想に最も近い住宅を作ることもできるはずです。

ただし建築費用で4000万円ということは、総費用が5000万円を超えると考えておいた方が無難です。

諸費用や外構工事費用などを除いた建築費用がいくらなのかは、事前に確認しておきましょう。

メリハリをつけた予算配分で希望を叶える

建築費用を考える際には、予算配分にメリハリをつけるという方法もあります。

こだわりたい部分には予算を惜しみなく使い、それ以外はできるだけコスト削減する方法です。

建築の総費用を平均3500万円に抑えるためには、多くの人がこうした方法を取っていると考えて良さそうです。

間取りだけは譲れない、家の設備は最新のものにしたいなどそれぞれの家ごとにこだわりがあるはずです。

それを叶えるために削れるのはどの部分かを考えることが大事で、業者からのアドバイスが必要な部分とも言えます。

大手住宅メーカーは建築費用が高めですが、オリジナルのキッチンやバス設備を安く購入できることもあります。

規模の小さな工務店であれば建築費用を全体的に抑えることができるかもしれません。

業者を比較し、相場を知ることで限られた予算でも希望に近い家を建てることができるでしょう。

建築費用は建設地や間取り、業者など様々な要因で変わりますが、費用の実例を知ることでイメージしやすくなるでしょう。

何にこだわるのかを明確にするためにも、色々なタイプの家を見てみるのも良いかもしれません。