家って500万円くらい簡単に損しちゃう実話

注文住宅で家を建てるための費用を支払うまでの流れについて

注文住宅の費用

注文住宅で家を建てる費用は一度にすべて支払うのではなく、支払いのタイミングは何度かに分かれています。

ここでは完成までに必要なお金の流れ、時期ごとに支払うお金の内訳についてお伝えします。

注文住宅で家を建てる費用は3~4回に分けて支払う

注文住宅で家を建てる際には施工業者と建築請負契約を交わしますが、こうした契約の場合は費用を3~4回に分けて支払うのが一般的です。

3回に分ける場合の最初の支払いは工事開始時に支払う着手金で、一般的には工事費の3割ほどの金額となります。

2回目は工事の中間時、上棟の頃、3回目が工事完了後の引き渡し時です。

追加工事が発生した際の精算は、3回目の残代金支払いの時に合わせて行うことが多いようです。

また、業者に登記手続きや火災保険申し込みの手配を依頼している場合も、3回目に合わせて支払いを行います。

4回に分ける場合には、契約時に契約金や手付金として、契約額の10%程度を支払います。支払いのタイミングや金額については、業者ごとに異なるため事前に確認しておくことが大事です。

自己資金が少ない場合は、ローン実行後の支払いを減らすよう調整してもらえることもあります。

契約を交わす前に支払額の割合を変更できるかどうか、業者に相談してみましょう。

建設費以外の支払いも忘れずに

建設費以外の支払い

建設費の支払い以外にも注文住宅で家を建てるために必要な費用はたくさんあるため、お金を準備しておかなければなりません。

契約書を作成する際には印紙代が必要ですし、建築確認申請にもお金がかかります。

土地を同時に購入する場合は建設費と別に手付金や仲介手数料がかかるので、支払い回数も金額も大きくなります。

細かい支払いでは工事を始めるにあたって近隣の住宅にあいさつ回りも必要ですし、家が建った後の引っ越し費用も必要です。

ローン契約時には火災保険や生命保険の加入が条件となることも多く、それぞれの保険料も数十万円かかります。

まとまった金額の支払いは3回か4回ですが、注文住宅で家を建てるとなればそれ以外の出費も自然と増えるということです。

新居に使用する照明器具などを施主支給にすれば、思い通りの家作りができますが費用がかさみます。

付帯工事の費用を抑えるために設備を施主支給にする人もいますが、家を建てている最中の出費が増えることは確かです。

間取りが変わって使えなくなる家具があれば、入居前に購入しなければならず、これらの代金はローンでカバーできません。

大きな金額だけに目を向けがちですが、建設にかかるその他の支払いについても注意しておきましょう。

ローン実行前の支払いも多い

銀行ローンが通れば建設費用がまかなえると思っている人もいますが、ローンが実行される前に支払うお金は少なくありません。

ほとんどの支払いは、銀行からの借り入れ前に行うことになると思って良いくらいです。

融資は出来上がった建物を担保とするものであり、完成前の建物に対しては融資できないという考えがあるからです。

支払いのタイミングが分かれているとはいえ、ローンで支払えるのは引き渡しの際の残代金のみということがほとんどでしょう。

それまでに支払うべき7割近くのお金は、基本的に自己資金を充てることになります。

業者との話し合いで支払いの割合を減らしたとしても足りない時は、つなぎ融資を申し込むのも一つの方法です。

また、金融機関によってはローンの実行を建物の完成前に受けられる分割融資、条件付きで2つのローンを組む方法もあります。

手数料が余分にかかる、金融機関ごとに条件が異なるなど注意点もありますが、支払いに困った時は検討してみましょう。

土地の購入も同時に行う場合は、さらに支払額が増えるため自己資金は十分に用意しておいてください。

出来高払い制を取り入れる工務店も

建築の請負契約を交わす際には工程や工事の内訳と合わせて、完成予定日も記載されています。

しかし実際には着工日がずれこんだり、工程に遅れが出たりして引き渡し日に間に合わないことも少なくありません。

小規模な工務店に工事を依頼した場合に心配なのは、建築中に工務店が倒産してしまうことでしょう。

このような場合に有効なのが、進捗状況に合わせて工事代金を支払う方法です。

依頼主にとっては1回ごとの支払額を減らすことができ、万が一倒産したとしても払い過ぎという心配はないでしょう。

全ての工務店で可能な支払い方法ではありませんが、工期を守る姿勢がある業者だからこそ取り入れている方法でもあります。

ただし住宅ローンの種類によっては、この出来高払いが利用できないこともあります。

工務店選びや銀行ローン申し込みの際に、出来高払いに対応しているかどうかの確認は必要でしょう。

数千万円を一度に支払う必要はないものの、注文住宅で家を建てる費用の1回当たりの支払額は決して小さいものではありません。

流れをきちんと把握して、タイミングに合わせた支払いで慌てることのないように準備しておきましょう。