家って500万円くらい簡単に損しちゃう実話

注文住宅で家を建てる時の値引き交渉のタイミングと注意点

注文住宅値引き交渉 家づくりで失敗しないコツ

家を建てることは、人生において最も大きな買い物です。

特に注文住宅で家を建てる場合、値引き交渉すれば安くなるのかどうか気になるところでしょう。

ここでは値引き交渉のタイミングや注意点について、まとめてみたいと思います。

家は値引き交渉できるのか

家がすでに建ってしまっている建売住宅の場合は、値引き交渉は可能だといわれています。

建売住宅は売る側も早く売却したいので、値引き交渉がしやすいからです。

また値引き交渉したからといって、建売は家のグレードが落ちることもありません。

それに対して注文住宅は、基本的には値引き交渉は難しいといわれています。

タイミングを間違えると、家の品質に影響を及ぼしたり、手抜き工事の原因になりかねません。

しかしながら注文住宅でも、会社によっては値引き交渉に応じてくれることもあります。

大手のハウスメーカーの中には、300万円くらい値引きしてくれるところもあるようです。

値引き交渉のタイミング

業者によってはキャンペーンなどで、契約前の見積もりの段階から値引きをしてくれています。

契約してもらうために、期間限定の値引きをしている業者もあるでしょう。

しかしあまり早い段階で値引き交渉するのは、家の品質を下げることになるのでおすすめできません。

注文住宅で家を建てる時は、複数の業者に見積もりを出してもらう方が、値引き交渉がしやすいです。

ネットで複数の業者の見積もりをとることもできますので、わざわざ何社も足を運ぶ必要はありません。

あくまでも契約する意思があることを示して、契約間際に値引き交渉をするのが、最も効果的な方法です。

値引き交渉の注意点

値引き交渉する時に注意すべき点は、むやみに高額の値引き交渉をしてはいけないということです。

注文住宅の場合は、無理な値引きを要求すると、材料の質を下げられて家のグレードダウンにつながることもあります。

相見積もりを取って、最後に業者側から値引きを提案されるのが、理想的で安全な値引きでしょう。

当然のことですが、横柄な態度や冗談半分で値引き交渉するのも、印象を悪くするだけです。

また直接的な値引きがなくても、オプションを無料でつけてくれたり、部分的にグレードアップしてくれたりする業者もあります。

注文住宅で家を建てる時の値引き交渉は、タイミングと真摯な態度が大切です。

前向きに契約に向かって進む中で、最終段階で交渉するのがよいでしょう。

相見積もりを取って、適正価格で安全な家を建ててもらえるように準備しておきましょう。