家って500万円くらい簡単に損しちゃう実話

子供の教育費が想定外に家計を圧迫【失敗事例から学ぶ家づくり】

子供の教育費が想定外に家計を圧迫 失敗事例から学ぶ家づくり

住宅ローンの返済が始まった頃は、毎月の返済もそれほど負担ではなかった。

ところが、子供の教育費の出費が想定外に多くなって、生活費に余裕がないことを感じて家づくりの資金計画に失敗したと思うことに・・・

ここでは意外とよく聞く、「子供の教育費が想定外に家計を圧迫」失敗事例について考えてみましょう。

子供の教育費と住宅ローンの返済の二重苦は避けたいので、これから家づくりをする人は回避しましょう。

子供の教育費が想定外に家計を圧迫

失敗事例から学ぶ成功する家づくり
失敗事例

・小学校から高校までは、公立高校を想定していたのに、高校進学で失敗して私立高校に進学して学費がかかる。
・国公立大学の進学に失敗して、私立大学に進学・・・想定以上の学費に困った!
・地元の大学に進学すると思っていたが、親元を離れ一人暮らしを始めて仕送りが大変!
・小学生ではスイミングスクールや習い事の出費で、中学生、高校生では部活動費や塾代の出費は意外と大きい。
・子供の教育費の出費はなんとかなったものの、自分たち夫婦の老後の資金が心配。

管理人
管理人

子供の教育費はお金がかかることは分かっているはず。しかし、想定以上のお金が必要になることもあるんですね。

コン吉
コン吉

では、「子供の教育費が想定外に家計を圧迫」失敗の原因と回避方法を考えてみましょう。

「子供の教育費が想定外に家計を圧迫」失敗の原因と回避方法

「子供の教育費が想定外に家計を圧迫」原因

  • 小学校から高校までは、公立に通うものだと決めてしまっていた。
  • 大学まではまだまだ先だと思って、なんとかなるだろうと安易に考えていた。
  • 子供には学校の教育費以外にも、習い事や部活動日などの出費があることを想定していなかった。
  • 教育費をなんとかすれば、老後資金はその後なんとかなるだろうと甘く考えてしまった。
  • そもそも、ライフプランをしっかりと考えず家づくりの資金計画ばかりに意識が集中してしまった。
管理人
管理人

将来のことは誰にも分らないことですが、それでも子供にはお金がかかることをしっかりと理解する必要がありますね。

「子供の教育費が想定外に家計を圧迫」回避方法

人の一生涯では様々なお金がかかりますが、「住宅資金」「教育資金」「老後資金」は人生の三大資金と言われています。

ここで話題としている教育資金は、幼稚園から高等学校までの15年間を公立と私立を比較してみると次のようになります。

すべて公立約523万円
すべて私立約1770万円

出典:文部科学省「子供の学習費調査(平成26年度)」、独立行政法法人 日本学生支援機構「学生生活調査結果(平成26年度)」より

また、中学校3年間での教育費は次のように発表されています。

公立中学校約144.6万円
私立中学校約401.7万円

出典:文部科学省「子供の学習費調査(平成26年度)」、独立行政法法人 日本学生支援機構「学生生活調査結果(平成26年度)」より

コン吉
コン吉

子供の教育費は、塾や習い事にどれだけお金がかかるか、私立学校に行くかか国公立学校に行くかによって大きく変わります。また、大学では文系か理系でも違いがでますね。

子供の教育資金をいくらで想定するかは、それぞれの家庭の教育方針や子供の将来の夢や目標によっても変わるので、一概にいくら用意すれば良いという金額は明確に表すことはできません。

回避方法ライフプランをしっかりと考え、何年後にはどのようなライフイベントがあり、どのような出費が必要になるかを書き出して資金計画を立てましょう。
回避方法

ライフプランをしっかりと考え、何年後にはどのようなライフイベントがあり、どのような出費が必要になるかを書き出して資金計画を立てましょう。

教育資金の貯め方【おすすめ】

教育資金の貯め方として、おすすめの方法をひとつ紹介します。
それは、子供の保護者(養育者)に行政から支給される児童手当を貯金していく方法です。
児童手当は、中学卒業までに月額1万円ないし1万5千円を受け取ることができます。
そのお金を貯金すれば、中学卒業までに200万円ほどを貯めることができます。
このように児童手当をお金がかかる高校以降の教育資金として貯金していく方法をおすすめします。

※【注意】児童手当の支給金額及び支給条件等につきましては、変更になる可能性がありますので、詳しくは各自治体にお問い合わせください。

住宅会社や金融機関の担当者はあなたのライフプランまで考えてくれません

住宅ローンは、30年とか35年の長期に渡って完済するまではずっと返済を続けなければなりません。

その間には、子供の教育資金や自分たちの老後資金も考えなければなりません。

しかし、住宅会社や金融機関の担当者は、あなたの住宅資金以外のそれらの必要な資金のことは考えてくれません。

というよりも、住宅費用以外のことには触れたがらないといった方がいいかもしれませんね。

例えば、37歳で35年間の住宅ローンを組むとした場合、完済するのは72歳ですから70歳を過ぎても返済を続けなければならないことになります。

それでも金融機関はお金を貸してくれますし、住宅会社は「定年退職後は大丈夫ですか?」なんて心配はしてくれません。

もし、言うとしたら・・・

営業担当
営業担当

35年ローンは教育費が必要な時期に住宅ローンの月々の返済を少なくできるメリットがあるんです。お子さんが独立してお金に余裕ができれば、繰り上げ返済できます。ほとんどの方は、繰上げ返済で定年前までに完済できていますよ。(笑)

実は、これは私があるハウスメーカーの営業マンに言われたことです。

確かに、繰り上げ返済を行っている方も多いということはよく聞くことですし、実際に私も繰り上げ返済ができるように計画中です。

それが可能になるのは、ライフプランをしっかりと考え、住宅ローンで無理な借入れをしない家づくり資金計画を立てたことです。

理想の家を建てることは大切ですが、人生の三大資金には住宅以外にも「教育資金」「老後資金」が含まれることを認識しましょう。

管理人
管理人

家族との生活や、ゆとりある老後をおくるためにも家づくりで無理は禁物ということですね。