家って500万円くらい簡単に損しちゃう実話

コンセントが足りない・位置が悪い【失敗事例から学ぶ家づくり】

コンセントの失敗事例 失敗事例から学ぶ家づくり

今回は、注文住宅の失敗でよく聞く、「コンセントが足りない・位置が悪い」失敗事例について考えてみましょう。

注文住宅で、コンセントが足りなくて困った、コンセントの位置が悪くて失敗したという方は多いようです。

大きな失敗ではないとはいえ、やはり不便な場合もあるので、これから家づくりをする人は回避しましょう。

コンセントが足りない・位置が悪い

失敗事例から学ぶ成功する家づくり
失敗事例

しまった! テレビを置きたい場所にコンセントがないじゃないか!

家具を置くとコンセントが隠れてしまって不便だ!

キッチンでレンジや炊飯器、トースター、コーヒーメーカーなどなど電化製品のわりにコンセントが少ない!

ここにコンセントがあったら掃除機が楽に使えるのになあ~

もしかして、このタコ足配線やばくない?

コン吉
コン吉

コンセントが足りないとか位置が悪いというのは、よくある失敗なんですよね。

管理人
管理人

では、「コンセントが足りない・位置が悪い」失敗の原因と回避方法を考えてみましょう。

「コンセントが足りない・位置が悪い」失敗の原因と回避方法

「コンセントが足りない・位置が悪い」原因

  • 間取りを考えるときに、コンセントの位置をあまり気にしなかった。
  • 業者の提案のままで進めてしまった。
  • コンセントの位置や数は注意したはずなのに、出来上がってみるとミスしたと思うところがある。
  • 家具を置く位置をしっかりと考えなかった。
  • コンセントの数以上に電化製品が多い。
管理人
管理人

今の時代は、どの家庭も電化製品がとても多く使用されますからね。コンセントの位置や数は、家づくりにおいて慎重に検討したいことです。

「コンセントが足りない・位置が悪い」回避方法

理想の家づくりにおいて重要なことは、自分たちが暮らしやすい間取りをしっかりと考えることですね。

そのときに、それぞれの部屋やLDKのどこに何を置くかもよく考えてみましょう。

例えば、子供部屋には、どこに机を置いてどこにベッドを置くかをシミュレーションしてみると、コンセントがどこに必要になるかが見えてきます。

また、今は各自がパソコンやタブレットなどを利用しますし、空気清浄機や扇風機なども各部屋に置くこともあるでしょう。

そのような小物電化製品をどのように使うかによって、コンセントの位置や数も検討が必要になってきます。

住宅展示場のモデルハウスの部屋には、生活感が漂う空気清浄機とか扇風機なんてものは置いてないのが普通なんですが、実際の暮らしの中では使用される家庭も多いと思いますよ。

「コンセントが足りない・位置が悪い」回避方法は、今の生活で四季を通じてどんな電化製品をどう使っているかをよく考えて、新居の間取りではどう使うかをシミュレーションしてみることです。

そして、今の生活で、「ここにコンセントがあったら良かったのに」とか、「この電化製品のコンセントが足りない」というようなことにならないように、【今の生活】をよく考えてみましょう!