家って500万円くらい簡単に損しちゃう実話

注文住宅で計画から実際に家を建てるまでの主な手順について

注文住宅で家を建てる計画

注文住宅で家を建てるためには時間がかかるもので、手順を知らなければスムーズに物事が進まないこともあります。

大まかな流れがわかっていれば準備もしやすく、計画に沿った行動ができるので様々な面での無駄を省くこともできるでしょう。

家作りは予算計画からスタート

何にいくら使えるのか、金融機関からいくら借りられるのかなど、お金に関する計画は注文住宅で家を建てるための重要なポイントです。

予算が決まらなければ土地探しもできませんし、どんな家を建てられるかの見当もつきません。

土地の価格などが全く分からないのであれば、住みたい地域の価格相場を調べておくことも大事です。

広さや土地の形状などの細かい条件で価格に差は出るものの、ある程度相場を掴んでおくことで予算決めの参考になります。

もちろん保有している土地がある場合は、家を建てるために必要な建設費用から予算計画を始めることになります。

ただし、注文住宅で家を建てるためには本体の建設費だけでなく、付帯工事費や申請費用、税金などの諸経費も必要です。

予算を組む際は住宅メーカーが出している坪単価で単純に計算するのではなく、それ以外の費用も忘れないようにしましょう。

頭金ゼロで建てられる家もありますが、月々の返済の負担を減らすためにも自己資金は準備しておいた方が良いでしょう。

家賃と同程度であれば無理なく返済できるとは言われるものの、何十年も返済が続くことは忘れてはいけません。

今の家賃が負担に感じているのであれば、それ以下の返済額になるような資金計画を立てることが重要です。

設計プランの作成と業者選定

住宅展示場を見たり、ネットで情報収集したりして建設を依頼する業者を探すことが次の段階となります。

ネットで一括申し込みできる見積もりサイトを利用すれば、複数業者への簡易見積もりの依頼が簡単にできます。

使用する設備や広さ、間取りなどの条件を同じにして見積もりを依頼し、その中で依頼する業者の選定作業をしましょう。

見るべきポイントは好みに合った設計プランか、適正価格で施工してくれるかという点です。

安ければ良いというものではなく、値段だけで選ぶと失敗することもあるので注意が必要です。

営業マンと話した時の印象も、長い付き合いになる家作りだけに大切な判断材料と言えるでしょう。

また、住宅メーカーや工務店ごとに得意とする工法や使用する設備にも違いがあります。

施主の希望を叶えながら料金を抑えられるプランを提案してくれる業者であれば、信頼して工事を任せられそうです。

仕様の最終決定と最終見積もり

設計プランと見積もりを比較検討して業者を絞った後は、仕様の最終決定と最終見積もりを行います。

注文住宅で家を建てる時に決めるのは間取りやデザインだけでなく、内装や使用する設備など多岐にわたります。

これらを全て決めなければ正確な費用は算出できませんし、後からでは追加できない設備も少なくありません。

コンセントの位置や壁紙の色など、家全体の細部にわたって指示していくため打ちあわせには時間がかかるものです。

初めての人にとってはわからないことも多いでしょうが、ここで業者の言いなりになっていては満足できる家は建てられません。

納得できるまで話し合いをしてくれる業者でない場合、契約を見送った方が良いかもしれません。

建設費用に含まれないオプション工事や追加工事が発生した場合の料金なども、契約前にきちんと確認しておきましょう。

最終的に予算オーバーしたという人の多くが、本図面の確認漏れによるものと言われます。

予算内で納めるためにも何がオプションになるのかなど、わからない点は納得いくまで質問してください。

本契約とローンの申し込み

設計プランや仕様に全て納得できたら、ようやく本契約を交わすことになります。

本契約後は内容の変更ができない、あるいは変更の都度追加料金が発生することにもなるので、契約は慎重に行いましょう。

金融機関へのローン申し込みも行いますが、この時にある程度まとまったお金が必要になります。

手数料や保証料で数万円、火災保険料や生命保険料で数十万円かかることもあるので、事前に準備しておいてください。

ローンを申し込む金融機関は自分で探すこともできますし、契約した業者の提携先を選ぶこともできます。

金利は各金融機関で異なるため、条件を比較して有利な借入先を選びましょう。

数千万円を借り入れるとなれば1%の金利の違いが、数百万円の返済額の違いとなります。

できるだけ安く家を建てるためには、業者だけでなく金融機関選びも慎重に行わなければなりません。

注文住宅で家を建てる際に必要な建築確認申請もこの時に行いますが、検査には2,3週間かかるため余裕をもって申請しましょう。

家を建てる計画を始めてから着工までには数カ月かかりますし、人によってはさらに時間がかかります。

全ての手順が失敗のない家作りに大事なポイントといえるので、焦らずじっくり進めていきましょう。