家って500万円くらい簡単に損しちゃう実話

設計士に家を建てる依頼をする方法!4つのポイントがこれ!

新築設計 注文住宅の基礎知識

注文住宅で家を建てる方法には、ハウスメーカーや工務店に依頼する場合と、設計士に依頼する場合があります。

オリジナリティを追求する人は、設計士さんと家を建てる人が多いようです。

設計士さんと家を建てるにあたり、ポイントなどをまとめてみましょう。

設計士と家を建てる流れ

ハウスメーカーや工務店に依頼した場合は、ハウスメーカーや工務店の設計士が設計を担当します。

独立した設計士さんに依頼する場合、設計士には設計と監理をまかせ、工事は工務店がおこないます。

設計士と施主は共同で家づくりをすることになり、非常にオリジナリティのある家を建てることができます。

そのため設計士選びはとても重要で、依頼のポイントとしては次のようなものがあります。

設計士選びの4つのポイント
  • 設計士の人柄と自分との相性が大切
  • 家づくりに時間がかかるのでスケジュールを確認する
  • 何人かの設計士を比較する
  • 意見を言いやすい設計士を選ぶ

自分にぴったり合う設計士を選ぶのが、いい家づくりの第一歩になります。

設計士と家を建てるメリット

施工業者を選ぶにあたっても、設計士さんは非常に活躍してくれます。

何社かの施工業者から相見積もりをとって、比較するときのアドバイスもしてくれます。

工事費用が適正なものかチェックするのも設計士の仕事で、予算に合わない場合はコストダウンするための提案などもしてくれます。

コストダウンを上手にしてくれる設計士さんだと、いい家を思いのほか安い値段で建てることが可能になります。

また設計士さんが頼りになるのは、第三者の目で工事の施工監理をしてくれるところです。

自分の設計がきちんと形になるよう、手抜き工事なども見逃しません。

設計士とのトラブルを避けるために

設計士に依頼した場合、この世に1軒しかないオリジナルの注文住宅を建てることができます。

しかしその反面で、設計士の趣味を押し付けられたというようなトラブルもあるようです。

設計士に依頼した場合、設計士と施主の共同作業色が強くなりますが、あくまでも家を建てて住むのは施主です。

そういう意味でも、自分と相性がよく自分の意見を伝えやすい設計士を選ぶことが重要になってきます。

また設計士に依頼すると、ハウスメーカーや工務店よりも計画の期間が長くなります。

転居を急いでいる人は、いつまでに入居したいときちんと伝えて依頼しましょう。

設計士に依頼すると高いというイメージがあるかもしれませんが、そういうわけでもなさそうです。

コストダウンのテクニックがきちんとある設計士さんを選んで、予算内で納得の家を建てた人はとても多いようですよ。