最適な住宅会社の選び方を元ハウスメーカー社員が伝授!

注文住宅で成功するためのカギは、理想の家を建ててくれる住宅会社選びです。

それは理解していても、実際にどうすればいいのか分からないという方が多いですし、住宅会社選びに失敗して残念で後悔だらけの家になってしまったという方も少なくないのが現実です。

そこでここでは、家づくりがはじめての方が、最適な住宅会社選びの成功率を格段にアップするための秘訣をお伝えします。

それはまいりましょう!

元ハウスメーカー社員が社員時代には言えなかった真実の話をします

FP鈴木
FP鈴木

こんにちは、私は現在ファイナンシャルプランナー(FP)のお仕事をしていますが、その前は大手ハウスメーカーに勤めていました。

FP鈴木
FP鈴木

モデルハウスの受付をさせていただいたり、お客様の家づくりの相談や、イベントのスタッフをしていました。

モデルハウスには多くのお客様が訪問されるのですが、そのいちばんの目的はハウスメーカー選びです。

当時の私はハウスメーカー社員でしたので、ご相談を受けると自社の家をアピールして、ご契約をしていただくように努めました。
もちろん、自社の家がとても良い家だと思い自信を持っておすすめしてきました。

しかしその反面、満足できる理想の家づくりをするためには、ぜひやっていただきたい住宅会社選びの方法があったのすが、ハウスメーカーの社員ということもあり積極的にお伝えできませんでした。

FP鈴木
FP鈴木

そのことは、仕方がなかっとはいえ今でも残念に思いだすことがあります。

FPのお仕事では、お客様とはお金に関わるお話が中心になります。

しかし注文住宅会社の選び方についてのご相談を受けることも少なくありません。

そのときにはハウスメーカー社員だった頃にはお話ができなかった、成功する住宅会社の選び方をアドバイスさせていただいています。

FP鈴木
FP鈴木

ここでは、その内容をお伝えしたいと思いますので、ぜひあなたの家づくりの参考にしてください。

住宅会社選びを間違うと悲惨なことになるかも

しっかりと資金計画で立てた予算内で、こだわりを実現した満足のいくマイホームを持てて、ローンの返済に困ることもなく家族が幸せに暮らせれば最高ですよね。

最適な住宅会社選びができた人は、満足のマイホームで他人から羨ましく思われるような幸せで快適な暮らしを送っている人がたくさんいます。

家づくりで成功
FP鈴木
FP鈴木

これから家づくりを進めるあなたもそんな成功者の一人になりたいですよね。

しかしその反面、住宅会社選びを失敗した人の中には、次のような悲惨な生活や後悔の思いを抱えている人もいます。

注文住宅会社選びで失敗すると
  • こだわりを実現できず、不満の残る家を建ててしまい後悔ばかりの生活になる。
  • 同品質・同規模の家なのに他の住宅会社よりも500万円も高い家になり、費用で大金を損する。
  • 予算オーバーしてしまい、住宅ローンの返済で苦しむ。
  • 生活しにくい間取りで、せっかくのマイホームなのに気持ちよく暮らせない。
  • 自分の家に愛着が持てず、他人の家が羨ましくてしかたがなく残念な気持ちでいっぱい!
  • 家族も不満を持つがなんともならないため家族仲がギクシャクする。
  • 家の状態が良かったのは新築から数年間だけで、その後はどんどん劣化が進んで修繕費ばかりがかさむ。
  • ある日突然、依頼業者が倒産してしまい保証も受けられず将来が不安。
  • 「最初にもっとちゃんとやっていればこんなことにならなかったはずなのに、もう何ともならない・・・」と悔やんでも悔やみきれない思いが続く。
家づくりで失敗して後悔

これから家づくりを進める(もしくは進めている)あなたは、こんな思いは絶対にしたくありませんよね。

そのためには、住宅会社選びを慎重に進めなくてはなりませんが、はじめて家づくりをする人には、どうすればいいのか分からず、不安や迷いがあることでしょう。

FP鈴木
FP鈴木

でも、大丈夫です。安心してください。

ここでお伝えする住宅会社選びの方法が、あなたにとって最適な住宅会社を見つけるヒントに必ずなります。

自分にとって最適な住宅会社とは?

最適な業者

最適な住宅会社とは、人それぞれ違います。

ある人にとっては、大手ハウスメーカーであるかもしれないですし、またある人にとっては地域密着型の工務店や設計事務所かもしれません。

なぜなら大手ハウスメーカーの家を建てることが何よりの夢である人にとっては、それを実現することが成功を達成したことになります。

また、家族の健康を重視して自然素材にこだわる方や、個性的なデザインや随所にこだわりを持つ方にとっては、地元密着型の工務店や設計事務所が向いているでしょう。

とはいっても、もしかしたら大手ハウスメーカーが良いと思っている方であっても、複数の住宅会社が作成した家づくりプランを比較検討してみると工務店の方が満足できる家を建てることが分かる場合もありますし、その逆のパターンもあります。

また、あるハウスメーカーの家を建てることが夢だった方が、プランを見比べてみると別のハウスメーカーの方が良かったということだってあります。

最適な住宅会社選びのポイント
つまり、大金をかけて作る家なのですから、できる限り多くの住宅会社の建築プラン(間取りやデザイン)と見積もりを比較検討してみることが大切になるわけです。
そしてその中から自分に最適な住宅会社を選択することが、成功する家づくりの確率をグッとに高められますね。

FP鈴木
FP鈴木

それでは、最適な住宅会社を選ぶための流れを見てみましょう。

最適な住宅会社選びの流れ(8ステップ)

最適な住宅会社選びをするための8ステップの流れを解説します。

業者選びのステップ
最適な住宅会社選びのための8ステップ
  • Step1
    ネットを利用した資料収集

    家づくりの第一歩は注文住宅会社の資料収集です。
    建築予定地で家を建てることができる住宅会社の資料をネットを利用して集めましょう。

    ネットを利用した簡単で効率的な資料収集の方法はこのあとで詳しく解説します。

  • Step2
    資料検討

    収集した資料をもとに住宅会社のことを知り、自分が希望する家づくりに合っているかを検討します。 あきらかに合わないと判断できる住宅会社は候補から外します。
    例えていうなら、オーディションの書類選考のような感じです。

  • Step3
    会社訪問・モデルハウス見学のためのアポイントをとる

    気になる住宅会社に電話やメールでアポイントをとります。
    資料請求を行っているので、アポイントは容易です。

  • Step4
    会社訪問・モデルハウス見学

    その会社がどんな家づくりをしているか、知りたいことを遠慮なく聞きましょう。
    大切なことは、自分がどんな家を建てたいのかをしっかりと伝えることです。

    営業活動を受けたくない方は、「今の段階では多数の住宅会社の比較検討をするために業者を知ることを目的としている」ことを伝えて、自宅訪問や営業活動のための電話などは控えてもらいましょう。

    会社訪問やモデルハウス見学では、ライフルホームズの『はじめての家づくりノート』がダンゼン役に立つので活用するといいですね。

    Step3とStep4の繰り返しになります。

  • Step5
    気に入った数社に概算見積もりを依頼

    複数業者を比較検討していくうちに、良いと思う会社と良くないと思う会社が分かってきます。
    ただし良いと思う会社が、希望とする家を予算内で建てることができるとは限りません。

    そこでこの段階で、良いと感じた複数業者にラフプランと概算見積もりを依頼します。このことを相見積もりといいます。
    相見積もりは最適な住宅会社選びの大切なポイントになります。

  • Step6
    候補とする会社を絞る

    住宅会社との打ち合わせを繰り返していくうちに、家づくりの知識も自然にどんどん深まっていきます。
    それと同時に、ラフプランや見積もりを比較検討することで依頼する住宅会社の候補も数社に絞ることができます。

  • Step7
    候補とする住宅会社にプランと見積もりの提出を依頼する

    いよいよ最終的な比較検討の段階です。
    候補とする住宅会社(2~3社)が絞れた段階で、建築プランと見積もり書の作成依頼をします。

    建築プランは、間取りやデザインの他、部材や導入設備などの仕様の提出も依頼します。
    また、見積もりでは何が含まれ何が含まれていないか、オプションには何があるかなど、しっかりとチェックしましょう。

  • Step8
    1社に決定!

    提出された建築プランと見積もりをもとに住宅会社と打ち合わせを行います。
    おそらく多くの住宅会社が契約をしきりに持ち掛けてくるでしょうが、ここはじっくりと検討しましょう。

    ここで1社に決定すると次は契約ということになるため、後戻りすることは難しいと考えて建築プランと見積もりをとことん検討して決めましょう!

最適な住宅会社探しの第一歩は資料収集!

FP鈴木
FP鈴木

私がハウスメーカーに勤めているときに、モデルハウスをはじめて訪問されるお客様は大きく次の2つのタイプに分かれていました。

  • 家づくりをはじめようと決めたものの何からはじめていいのか分からずとりあえず訪問される方。
  • 主にネットを利用して資料収集を行い住宅会社の知識を持たれて訪問される方。

最近では、ふたつめの行動をされる方が圧倒的に多くなってきています。

それは新聞記事内などでも見ることができます。

ここでは、東洋経済新報社の記事タイトル【閑古鳥の住宅展示場で一体何が起きているか】をご紹介します。

この記事内では、最近の住宅展示場の見学者が減少している理由が2つあるとしています。

住宅展示場の見学者が減少している理由
  • 新築住宅需要の縮小
  • 情報取得の変化

ひとつめの「新築住宅需要の縮小」については、都市部への人口集中や核家族化、少子化・人口減少など様々な要因が考えられます。

ここで着目したいことは、ふたつめの「情報取得の変化」です。

では、記事からその部分を抜粋して見てみましょう。

情報取得の変化

もう1つの理由として、情報取得のあり方が大きく変わったことがあげられる。以前は「家を建てよう」と決意した場合、「まずは住宅展示場のモデルハウスを巡ってみよう」と考える人たちがほとんどだった。

現在はホームページをはじめとするインターネット経由による情報入手を第一に重視する消費者が増えている。お気に入りの住宅事業者や建物のデザインなど、ある程度の情報を仕入れ、絞り込んでいるわけだ。

このため、住宅展示場を訪れる際も限られたモデルハウスしか見学しなくなっている。結果的に来場頻度が減り、展示場全体としても盛り上がらないというわけだ。

引用元:東洋経済新報社記事【閑古鳥の住宅展示場で一体何が起きているか】より

FP鈴木
FP鈴木

記事内では資料収集の方法については触れていませんが、資料収集もネット利用が主流になってきています。

このようなことを考慮すると、家を建てようと決めて最初にするべき行動が最適な住宅会社選びの重要な第一歩になるということですね。

そして、以下が最適な住宅会社選びのポイントです。

最適な住宅会社選びのポイント

Point1 ネットを活用した資料収集で家づくりの確かな知識を深め、理想の家を建ててくれる住宅会社を見つける力を養う。

Point2 多くの住宅会社の資料をもとに研究し、最適な住宅会社との出会いのチャンスを逃さないようにする。

それでは、ネットを利用した資料収集の方法について解説します。

簡単かつ効率的に資料入手するなら一括資料請求サイトがイチバン!

ネットで資料請求する方法には、住宅会社に個別に依頼する方法と複数会社に一括資料請求ができるサイトを利用する方法の2種類があります。

一括資料請求サイトは、そこに登録している複数の住宅会社に資料請求を代行してくれる大変に便利なサービスです。

つまり、1社1社個別に入力して請求する手間を1度だけで済ますことができるので、圧倒的に労力や時間の節約になります。

一括資料請求サイトはいくつかありますが、どのように利用しても同じというわけではなく、利用の仕方によって利用価値に大きな違いがでてきます。

FP鈴木
FP鈴木

ここでは、一括資料請求サイトを最大限に有効活用するための一括資料請求サイトの選び方とサイトの活用術について解説します。

一括資料請求サイトの選び方

一括資料請求サイト選びのポイントとなる条件は、次の3つです。

条件1 カタログ以外の資料も提供してくれる

せっかく依頼するのだから、カタログとは別に付加価値の高い資料を同時に入手できるサイトを利用する。

条件2 簡単で効率的な請求依頼ができる

入力が容易で簡単にでき、自分が欲しいと思う複数の住宅会社の資料請求が効率的にできる分かりやすいサイト構成であること。

条件3 利用者が多く信頼性の高いサイト

利用者が多く知名度があり、信頼ができる安全性の高いサイトを利用する。

上記3つのポイント条件を満たすサイトがタウンライフLIFULL HOME’S(ライフルホームズ)の一括資料請求です。

FP鈴木
FP鈴木

それぞれのサイトが、上記のポイント条件をどのように満たしているかを解説しましょう。

条件1 カタログ以外の資料も提供してくれる

注文住宅会社の一括資料請求サイトはいくつかありますが、どのサイトも同じというわけではありません。

大きく分けると、単に複数会社のカタログ送付のみのサイトとオリジナルの資料を提供してくれるサイトに分かれます。

例えば超大手企業のリクルートが運営するスーモの一括資料請求では、カタログのみを手に入れることができます。

ここで紹介するタウンライフとLIFULL HOME’S(ライフルホームズ)の2サイトはカタログだけではなく、成功する家づくりに役立つ付加価値の高い資料等を提供してくれます。

それではどのような資料を提供してくれるのかを解説します。

タウンライフ

複数の注文住宅会社が依頼者のためにオリジナルの間取りプランと見積もりを作成してくれます。

土地を希望する場合は、土地の提案もしてくれます。

タウンライフでは、オリジナル間取りプランと見積もりのセットを【家づくり計画書】といっています。

【家づくり計画書】は、家づくりをはじめた多くの方が思う「予算内で実際にどんな家を建てることができるのだろう?」という疑問に答えてくれます。

この疑問の答えを知ってから家づくりを進めることができるのは、成功する家づくりの可能性をグンと高めてくれます。

ネットにある一括資料請求サイトの中でも、このような家づくりプランを無料作成してくれるのはタウンライフが唯一ですから、ぜひ利用したいものです。

また、タウンライフで資料請求をすると「成功する家づくりの7つの法則」という小冊子のプレゼントがあります。

執筆者が、元大手ハウスメーカーのトップセールスマンと一級建築士ですから、家づくりにはとても参考になる内容になっています。

こちらもぜひ手にしておきたいものですね。

ライフルホームズ

ライフルホームズでカタログ請求を依頼した全員に「はじめての家づくりノート」がもらえます。

実はこの「はじめての家づくりノート」が大変に役に立つ逸品です。

家づくりをスムーズに進めるためには、様々なことを記録していくノートを作成するといいのですが、まっ白のノートに記録していくのは誰にとっても簡単というわけではありません。

家づくりが初めての人にとって、いつの段階で何をどのように記録していけばいいのかを考えるのは難しいといえますね。

ライフルホームズでもらえるノートには、記録するべことがしっかりと記されていますし、記入例もあるのでこの上なく便利です。

また家づくりの流れや、重要なポイントも簡潔に分かりやすくまとめられているのでありがたいですね。

何と行っても、住まいのことを熟知した最大手不動産会社のプロが作成したノートですから、役に立つこと間違いなしです。

このノートを1冊持っているか持っていないかでは、理想の家づくりをスムーズに進められるか否かほどの違いがでるかもしれません。

このノートをもらうだけでもライフルホームズ資料請求する価値はあるといってもいいくらいですね。

条件2 簡単で効率的な請求依頼ができる

一括資料請求サイトは、一度の入力で複数会社の資料を入手できるのですが、入力方法が面倒だったり使いづらいサイトもあります。

また、あるサイトでは個人情報を入力しないと、どんな住宅会社の資料がもらえるのか分からないというサイトもあります。

このようなサイトを利用してしまうと、ほしいと思う資料を効率的に集められないどころかストレスを感じてしまいかねません。

タウンライフとライフルホームズは、とても使いやすいサイト構成になっています。

タウンライフ

公式サイトに「簡単3分入力」と記載がある通り、入力は簡単です。

ただし、タウンライフ利用の最大のメリットである「間取りプランと見積もり作成」をしっかりと作ってもらうためには、あらかじめ希望内容をまとめておくことが大切です。

ライフルホームズ

資料請求をする人が抜群に依頼しやすく分かりやすいサイト構成になっています。

自分が希望する家のタイプに絞って資料請求もできますし、いろいろなタイプの家の資料請求もできます。

入力自体も簡単で、面倒な操作はなく気軽に利用できます。

条件3 利用者が多く信頼性の高いサイト

タウンライフ

タウンライフは、東京に本社を置く『ダーウィンシステム株式会社』が運営するサイトです。

ダーウィンシステムは、テレビCMなどの広告活動を行っていないため、ホームズのような一般的な知名度はありませんが信頼度は高い企業です。

次のランキングで3冠を獲得していることが信頼度を証明しているといえるでしょう。

また家づくりを進める方の利用者が格段に増加していることも人気サイトの裏付けになっています。

ライフルホームズ

ライフルホームズは、国内最大級の不動産・住宅情報を提供する大手不動産情報企業です。

すまい探しのテレビCMでは、ホームズくんと有名芸能人(現在は、本田翼さん)が共演のコマーシャルを見たことがある方も多いと思います。

そんなライフルホームズが運営する注文住宅のカタログ一括請求サービスですから、信頼性は抜群です。

もちろん利用者数も格段に多く、安心して利用できますね。

一括資料請求サイトの活用術

さてここまで、タウンライフとライフルホームズの2つの一括資料請求サイトを説明しました。

2サイトとも、家づくりを進める人にとって大変に便利でありがたいサイトなのですが、利用価値を最大限に上げるための活用術があるのでご紹介します。

タウンライフを利用してみると分かるのですが、実はタウンライフにはひとつの弱点があります。

その弱点とは、たくさんのカタログを入手できないことです。

タウンライフでは、間取りプランと見積もりを作成してもらえますが、その作成は住宅会社にとって負担の軽いものではありません。

そのため、タウンライフに登録している住宅会社は全国で600社以上ではありますが、カタログ入手を目的とすると十分とはいえません。

これから先、タウンライフの登録社数は多くなることが予想されますが、現在のところ弱点は歪めません。

その弱点をカバーできるのが、ライフルホームズのカタログ請求です。

ライフルホームズは国内最大級の不動産情報サイトですから、大変に多くの住宅会社が登録しているため、たくさんのカタログが入手可能です。

つまり一括資料請求サイトの活用術とは、タウンライフとライフルホームズを併用して家づくりプランと豊富なカタログをサクッと手に入れることです。

この2つのサイトの活用術をまとめるとおすすめの資料依頼手順は、次のようになります。

一括資料請求サイト活用術
資料請求のおすすめ手順
  • 手順1
    タウンライフに資料請求

    タウンライフで複数会社の間取りプランと見積もり資料を入手する。
    無料プレゼントの『成功する家づくりの7つの秘訣』をもらう。

  • 手順2
    ライフルホームズに資料請求

    ライフルホームズでタウンライフにはない会社のカタログを入手する。
    無料プレゼントの『はじめての家づくりノート』をもらう。

  • 手順3
    もし、もっと資料を手に入れたい場合は・・・

    タウンライフとホームズに登録していない住宅会社のカタログを希望する場合は、スーモ(無料プレゼントなし)もしくは個別で資料請求する。

以上がタウンライフとライフルホームズを利用した一括資料請求サイトの活用術です。

では、2サイトの公式ページと当サイト管理人の体験談のページをご紹介します。

タウンライフ家づくり

◎間取りや費用相場の比較検討がしやすい自分オリジナルの「家づくり計画書」がもらえる!
◎このサービスが無料で受けられるのは唯一ココだけ!
◎無料で「成功する家づくり7つの法則」(PDF冊子)のプレゼントがある!

LIFULL HOME’S

◎ホームズくんのテレビCMで有名なLIFULL HOME’Sの注文住宅カタログ一括請求!
◎予算や人気のテーマや住宅メーカーなど複数の軸から探せる!
◎無料で「はじめての家づくりノート」(PDF冊子)のプレゼントがある!

まとめ

FP鈴木
FP鈴木

最適な住宅会社を選ぶためにポイントになることは、Step1の資料収集です。
どんな住宅会社があり、その住宅会社を研究することが成功の秘訣ですね。

集めた資料をじっくりと研究することで、家づくりの知識が自然にどんどん深まっていくのでぜひ実行してみてください。

研究というと難しく感じるかもしれませんが、住宅会社のカタログを見ることは本当に楽しいことなので、ワクワクしながら勉強ができます。

そして、今はネットの一括資料請求サイトを利用すれば、苦労することなく簡単にたくさんの資料を集めることができるので活用しましょう。

注文住宅オールガイド【2020年】