家って500万円くらい簡単に損しちゃう実話

注文住宅で家を建てる場合は何から始めるのが良いの?計画方法について

何から始める 注文住宅で家を建てる計画

注文住宅で家を建てるにはきちんと計画を立てることが大事で、準備をせずにスタートすると余計な時間やコストをかけることになります。

ここでは良い家を建てるために何から始めるのがベストなのか、計画の立て方についてお伝えします。

計画のスタートは情報収集から

注文住宅で家を建てるためには最低でも数千万円というお金が必要で、人生最大の買い物になると言っても良いでしょう。

これだけ大きなお金が動くからには、しっかり計画を立てることがどれほど重要かわかるはずです。

家の間取りをどうするのか、資金をどうやって準備するのかなど考えなければいけないことはたくさんあります。

これら全てを整理して、注文住宅で家を建てる計画を作るにはまず情報収集が欠かせません。

土地を購入する場合には土地、建設会社を選ぶには会社情報など目的と段階で、様々な情報が必要になります。

ネットだけでできる情報収集もあれば、資料請求をしたり現地に足を運んだりと方法も様々です。

銀行ローンを組む場合には、各銀行ごとに異なるローン商品の比較もしなければならないでしょう。

モデルハウスなどを見学に行けば、営業担当者から家作りに関する情報を得ることもできます。

この段階ではまだ業者を決めることはできませんが、家の間取りや雰囲気の参考にはなるはずです。

この時に気をつけたいのは、情報収集の最初の段階で業者を決めてしまわないことです。

あくまでも建設計画のための情報を集めるだけにとどめておきましょう。

お金の準備と資金計画

頭金がなくても注文住宅で家を建てることは可能ですが、ローンだけでまかなえない出費も少なくありません。

借り入れ前に必要になるお金がいくらあるのか、事前に把握しておかないと急な出費に慌てることになるでしょう。

何よりも大切な資金計画は、注文住宅で家を建てるための総予算を決めておくことです。

土地代や家本体の建設費以外にも、税金や申請費用、引っ越し代など家を建てると細々とした出費が続きます。

ローンの返済は何十年も続くものなので、支払額に無理がないかじっくり考えることも大切です。

ほとんどの家庭で、ローンの返済中に子供の教育費が大きくかさむ時期を迎えるでしょう。

その際にも無理なく払える金額を設定しておかなければ、家計のやりくりができなくなります。

自己資金をある程度貯めてから注文住宅で家を建てる場合、いつまでにいくらためるという目標設定も必要です。

資金計画がずさんで、せっかく建てた家を手放す羽目になるというケースは決して少なくありません。

借りられるお金を当てにするのではなく、返せる金額を借りて無理をせず返済していけるような資金計画を立てましょう。

どんな家にしたいかを決める

注文住宅で家を建てるとなれば家族の希望をできるだけ取り入れて、住みやすく快適なものにしたいと思うはずです。

しかし希望が多ければ多いほど建設費は高くなるため、全ての要望を叶えることはできないのが現実です。

どんな家にしたいかというイメージを形にするには、今の家の不満点を解消する方向で考えるのも良いでしょう。

使いづらかったり快適性に欠ける部分を解消するには、どういう設計プランが良いのかを検討してみましょう。

予算の関係で難しいこともあるかもしれませんが、何を優先するか決めておけば迷いも減るかもしれません。

キッチンやバスの設備は標準でも間取りにはこだわるなど、人によって譲れないポイントは異なります。

家族全員が使う場所と個人が使う場所に分けて、まずは全ての希望を書き出してみるのも良いかもしれません。

それに優先順位をつけたり、代わりの案を考えたりしていくうちに家に対する要望も固まってくるはずです。

設計プラン作りを建設会社に依頼する前に、希望する家についての考えをまとめておくことで時間短縮にもなるでしょう。

建設会社に見積もりを依頼する

予算や家の大まかなイメージが決まった後は、建設会社を決めることになります。

この際に大切なことは複数の会社に見積もりを依頼し、その中から自分に合った業者を選ぶことです。

1社だけの見積もりでは相場もわかりませんし、会社の良し悪しも判断しづらいでしょう。

見積もり依頼の際に各社が出すプランを見比べることで、どこが自分の理想に近い家を建ててくれるかもわかります。

標準仕様で意外と安く希望通りの家が建つ業者もあれば、オプションで費用がかさむ業者もあるかもしれません。

こうした比較を行うためにも複数業者への見積もりが必要で、コスト削減に役立つこともあります。

希望する家を建てるために様々な提案をしてくれる業者が見つかれば、それだけ予算内で理想の家に近づけることが可能です。

長い時間とお金がかかる家作りは、信頼できるパートナー探しが重要なポイントになるため慎重に選んでください。

注文住宅で家を建てる計画で失敗しないためには、お金や建設会社に関する情報収集が大切です。

集めた情報を元に計画を作成すれば、理想の家を無理のない予算で建てることができるでしょう。