家って500万円くらい簡単に損しちゃう実話

坪単価でハウスメーカーを比較・家を建てるならどこが良い?

注文住宅会社選び

注文住宅で家を建てる際の費用を考える時に坪単価を目安にする人は多く、ハウスメーカー選びの基準の一つとも言われます。

ここでは坪単価でハウスメーカーを比較し、どこが良いのか選ぶ方法についてお伝えします。

坪単価でハウスメーカー比較は可能?

坪単価は1坪あたりにかかる建設費のことで、この価格が高いほど家にかかる建設費が増加することになります。

ハウスメーカーの広告などでも坪単価で価格表記されていることは多いため、価格の参考にしている人は少なくありません。

一般的に大手と呼ばれるハウスメーカーの方が高く、低価格を売りにしたハウスメーカーの倍近いこともあります。

坪単価が75万円、80万円であれば、商品の中でも高額な部類に入ることは間違いありません。

逆に坪単価30万円、40万円のハウスメーカーはローコストハウスメーカーと呼ばれることもあります。

しかしローコストハウスメーカーであっても、必ずしも会社の規模が小さく知名度が低いということはありません。

主要な価格帯の商品がローコストというだけで、坪単価の低い家だけを建てているわけでもありません。

坪単価でハウスメーカーを比較する際の注意点として知っておきたいのは、同じメーカーでも値段に幅があることです。

ここで建てれば必ず安いと言い切れるわけではないので、ハウスメーカーを選ぶ時には注意しましょう。

ハウスメーカーごとに異なる坪単価の算出方法

坪単価が安いハウスメーカーを選んだにもかかわらず、総費用がかなり高額になることもあります。

これは坪単価の算出方法の定義がメーカーによって異なるためです。

あるメーカーでは玄関や吹き抜け部分を含まない、建物の延べ床面積で坪単価を計算します。

しかし他のメーカーの計算方法では、玄関やベランダなども含めた施工面積で坪単価が算出されます。

建築費用と面積を基に計算するという基本は同じでも、どこの面積を使用するかで価格が変わるのは当然です。

施工面積の方が1坪辺りの価格が安くなるため、表向きの価格を下げる方法としてこのような計算をするメーカーもあります。

もちろん、どちらの方法も間違いではなく法律でどちらを使うか決められているわけではありません。

そのためハウスメーカー選びで坪単価を比較する時には、計算方法が異なる場合もあると知っておくことが重要です。

同じ条件で比べた時にどちらが安いか、自分自身で計算してみると本当に安いメーカーを探すことができるでしょう。

坪単価で選ぶならどのハウスメーカー?

ローコストで建てられる住宅を扱うハウスメーカーの場合、坪単価は約30万円です。

最低限の設備とシンプルな間取りでも良いという人であれば、こうしたメーカーでも十分に対応可能でしょう。

少しグレードの高い木造を主体とした建設を行うハウスメーカーでは、坪単価が50万円以上することが多いようです。

大手メーカーでも木造住宅の場合は、価格帯を低めに設定していることがあるため知名度が高い会社も少なくありません。

鉄骨や高級木造住宅を建てるハウスメーカーの坪単価は、約70万円となっています。

建設費用が高いハウスメーカーというイメージを作り出しているのが、この価格帯のメーカーとも言えるでしょう。

広告やテレビCMなどでよく名前を聞く会社でもあり、知名度やブランド力で知られる会社でもあります。

中古住宅として販売する際も、他のハウスメーカーより高く売れると言われているので、そうした点を考慮して選ぶ人もいます。

とにかく注文住宅で良い家を建てることにこだわる場合は、坪単価が100万円近くなるハウスメーカーを選ぶことも可能です。

そのハウスメーカーにしかない特色を生かした家作りができるため、幅広い年代に人気のあるメーカーです。

各メーカーの特徴も考慮した選択を

坪単価だけでハウスメーカーを比較するのは簡単ではなく、価格だけを見ていると失敗することもあります。

安いメーカーであっても標準仕様から外れると、急に価格が高くなることもあるからです。

そのため、坪単価での比較を軸に各メーカーの特徴も理解し、ハウスメーカーを選んだ方が良いでしょう。

間取りや設備のグレードに少しでもこだわりがある場合、ローコストメーカーでは逆に価格が上がります。

一つ上のランクのハウスメーカーを選べば、オプション料金なしで希望の間取り、設備を選べることもあります。

こうした点を考えると最初に坪単価でメーカーを決めてしまうより、見積もりを取って比較した方が賢明です。

同じ設備、同じ条件で各ハウスメーカーに見積もり作成を依頼し、その価格を元に検討してみましょう。

見積もりを見比べてみると、思ったよりも坪単価が安い大手メーカーが見つかることもあるかもしれません。

ハウスメーカーを比較する際、坪単価は絶対条件とも言えませんが参考にはなります。

坪単価の算出方法やそれぞれのメーカーの特徴と合わせて、会社選びに必要な情報であることは確かでしょう。