家って500万円くらい簡単に損しちゃう実話

注文住宅で家を建てる前に知っておきたい知識や情報まとめ

家づくり知識と情報 注文住宅の基礎知識

注文住宅で家を建てる前には、建設やハウスメーカーについての情報をできる限り集めておくことが大事です。

ここでは知識として知っておきたいことや情報収集の方法など、注文住宅で家を建てるための基本をまとめてみました。

注文住宅で家を建てるために必要な費用まとめ

予算を決めるために知っておきたいのが、注文住宅で家を建てるために必要な費用についてです。

家本体の建設費以外にも、建設を依頼した業者に支払うべき費用はたくさんあります。

建設費に含まれるのが家本体の工事費だけなのか、外構費も含まれるのかは見積もりだけでわかりづらいものです。

水道やガスの工事は家を建てるために不可欠ですが、家本体の建設費とは別になっていることがほとんどです。

また照明をつけたり玄関のアプローチを整えたりといった工事も、付帯工事費として別に必要になります。

費用の内訳は家本体の建設費が7割~8割、付帯工事費が2割、その他諸費用が1割というのが一般的です。

その他の諸費用に何が含まれるのかも明確に決まっていませんが、支払時期がずれる税金などは忘れがちなので要注意です。

割合としては少ないとはいえ、総費用が3000万円~4000万円となるため1割でも数百万円の支払いとなります。

支払いのタイミングが重なると一度に多額の現金が必要になることもあるので、支払時期の確認も忘れないようにしましょう。

設計プラン作成に知っておきたい基礎知識

安く注文住宅で家を建てるためには、設計プランについての基礎知識も重要です。

設計プランが複雑になればなるほど建設費は上がり、逆にシンプルなものにすると費用を抑えることができます。

コの字型の家は中庭が作れるなど人気がありますが、外壁や屋根の面積が広くなり工事の手間も増えます。

そのため、低価格で家を建てたい場合は、できる限り四角い家にすることが大切です。

部屋数を増やすのも建設費が高くなる原因の一つで、仕切りがない家の方が費用はかかりません。

壁紙や床材も使用面積が広いだけに、グレード次第で予算オーバーすることがあります。

キッチンやバス、トイレの設備も最新の上位グレードで揃えようと思うと、それだけで数百万円の出費となります。

グレードや機能を検討し直すだけで、設備の費用を抑えて他の部分にお金をかけることも可能です。

設計プラン作成前には本当に必要な設備、絶対に譲れない間取りなどプランに優先順位をつけておきましょう。

工法や仕様によっては希望通りにならないこともありますが、要望を伝えて近い間取りを作成してもらうことはできるでしょう。

注文住宅で家を建てる際の情報はどこで収集する?

建設を依頼する業者探しや参考になる間取りを探したい時には、ネットの住宅情報サイトを見てみましょう。

家作りについての情報が見やすく整理されており、実際に家を建てた人の体験談なども見つかります。

また住宅情報のポータルサイトなどが運営している、相談窓口も情報収集の方法としてお勧めです。

サイトから情報を得るのはもちろん、メールや電話、店頭での個別相談も行っているので手間なく情報収集できます。

ハウスメーカーは自社のホームページを持っていますし、工務店でもネットでの宣伝に力を入れているところが増えています。

これまでの施工実績や得意な建築工法の情報は、建てたい家の建設が可能かどうか判断する際にも役立つでしょう。

同じ材料を使っても工法が違えば家の耐用年数は変わりますし、独自技術を持つメーカーも少なくありません。

情報が多すぎると最初は混乱するかもしれませんが、知識が増えていけば正しい情報を見抜く目も養えます。

必要な情報とそうでないものを仕分けするためにも、できるだけ多くの情報を仕入れておきましょう。

税金や各種申請、補助金制度など

不動産を所有すると固定資産税を払わなければなりませんし、不動産取得税の支払い義務もあります。

建設を始める前には許可を申請する必要があり、それが下りるまでは工事がスタートできません。

税金の額は土地や建物の評価額によって変わってくるため金額は変動しますし、建物に関しては通常評価額が下がり続けます。

一般的な住宅では年間10万円以上かかるので、支払いの準備をしておく必要があります。

また、お金が出ていく一方に思える住宅建設ですが、申請すれば受けられる補助金制度もあるので確認しておきましょう。

自治体によっては新築の家を建てた人に数百万円の補助金を支給することもありますが、申請を忘れるともらえません。

申請に必要な書類を揃えるには時間がかかりますし、申請には期限が設けられています。

そのため、事前に補助金制度について調べておき、入居したらすぐに申請できるように準備しておくと良いでしょう。

注文住宅で家を建てるためには様々な分野の情報収集が必要で、色々と調べているうちに自然と知識も増えていきます。

建ててから後悔しない家作りをするには、自分から積極的に情報を集めること、正しい知識を身に着けることが重要です。