家って500万円くらい簡単に損しちゃう実話

注文住宅で家を建てるための費用の一部としてどんな税金が発生するのか

注文住宅の費用

注文住宅で家を建てる際は建設費用にばかり目が向きがちですが、実は支払わなければならない税金も意外と多いものです。

ここでは住宅取得にかかる税金の種類と金額の目安について、わかりやすくご説明します。

税金の種類は大きく分けると2種類

注文住宅で家を建てるとなれば資金計画が重要ですが、その際に忘れてはいけないのが発生する税金の種類と金額についてです。

建設費用の中には含まれないお金だけに予算に組み込まれていないことも多く、支払いの際に慌てる人も少なくありません。

住宅ローンの借入金で賄うこともできないだけに、その種類と金額、支払う時期についてはきちんと把握しておくべきでしょう。

税金の種類は大きく分けると家を建てる時に発生するもの、その後も継続して支払うものの2種類です。

ただし、この2種類の中でも税金の種類はたくさんあるため、全てを合算すれば相当の額になります。

予算を組む際には建設費用だけでなく税金を考慮することが大事で、ローン返済額の設定にも大きく影響してきます。

ギリギリの返済額で設定していると税金分が足りず、貯金を取り崩すことにもなりかねません。

支払うべき税金と時期まで考えたうえで資金計画を立て、無理のない返済額を決めておくことが大事です。

消費税が課せられる出費とは?

買い物に消費税がかかることはわかっていても、注文住宅で家を建てる際の出費に消費税が発生することを知らない人は多いようです。

総費用で考えると数千万円の買い物になることから消費税の額も大きくなるので、

しっかり確保しておきましょう。土地を購入する際には消費税がかかりませんが、建設費用には消費税がかかります。

また、不動産会社に仲介手数料を支払う場合にも消費税が発生することを覚えておいてください。

仲介手数料は取引物件の価格に応じて決まるため、高額な家を建てた場合は消費税額も高くなります。

建設費用にかかる消費税については、諸費用としてまとめて請求されることもあるので気づかないこともあるかもしれません。

見積もりや契約書には内訳として記載されているはずなので、税金が含まれた金額かどうかは確認しておいた方が安心です。

消費税については今後も増税が予定されており、増税直前の建設工事依頼が増えるとも言われています。

希望する時期に工事ができないことも考えられるので、税制に関するニュースはマメにチェックしておきましょう。

不動産取得時のみ支払う税金

不動産取得時のみに発生する税金は消費税の他にも様々な種類があり、納税時期にも違いがあります。

まず必要になるのが建設や土地売買の契約時にかわす書類、金融機関から融資を受ける際の賃借証に貼る印紙税です。

基本税額は500万円以上1000万円以下で1万円、1000万円以上5000万円以下で2万円となっています。

この他に不動産を登記する際に必要な登録免許税があり、税額は評価額を元に算出されます。

新築住宅の場合特例で減税措置が設けられていますが、期間が限られているため確認が必要です。

これらの税金は契約時などにすぐ支払うべき税金でもあり、諸費用に含まれることが多いようです。

同じく評価額を元に算出される不動産取得税は家屋と土地が別に区分されます。

支払いの時期は引き渡しの半年後から1年半後となっており、都道府県から納税通知書が送られてきます。

一定の条件を満たす新築住宅は軽減措置が受けられることもありますが、手続きなどは都道府県で異なるため確認が必要です。

家を建ててから納税までの期間が長く忘れがちな税金ですが、金額が大きくなるため事前に準備しておくことが大事です。

毎年継続して支払う税金

不動産を所有している限り毎年発生する税金は、固定資産税や都市計画税です。

税額は土地や家屋の評価額を元に算出されますが、評価は3年ごとに見直しされるため税額も変動します。

固定資産税の基本税額は評価額に1.4%をかけて計算しますが、土地の広さなどによる特例、軽減措置があります。

都市計画税は評価額に0.3%をかけたものですが、家屋に関する税額は自治体による軽減措置が設けられることもあるようです。

一般的には家屋の評価額は年々下がるものと考えて良く、税額も減少していくでしょう。

しかし土地に関しては、地価の高騰などで税額が大きく上がることも考えられます。

平均的な広さの家屋で見ると固定資産税と都市計画税は、年間で15万円前後が予想されます。

家屋の価値が下がったとしても、土地の価格が上がれば年間の税額が20万円を超えることもあるかもしれません。

将来的な財産として地価が上がることは喜ばしいとはいえ、住宅にかかるランニングコストが増えるという点は覚悟が必要です。

注文住宅で家を建てるとなれば契約段階から入居後まで、様々な種類の税金が必要になります。

継続して支払うべき税金の額も決して小さくないだけに、資金計画を立てる際には入居後の出費も考えておくことが大事です。