家づくり予算・資金計画

家づくり予算・資金計画

注文住宅の予算の立て方と予算オーバーしない秘訣を分りやすく解説!

注文住宅の予算の立て方と予算オーバーしない秘訣を分りやすく解説するページです。 管理人 私の家づくりの経験上から申し上げると、注文住宅の予算をしっかりと立てて管理することは本当に大切です。 実は、私は予算をしっかりと立てなか...
家づくり予算・資金計画

注文住宅の貯金の正しい使い方とは?低金利時代だからこそこうする!

貯金をどのくらい使って家の購入に充てれば良いのか迷う人も多くいます。まず頭金はなくても家は買えるので、自分の年齢や年収で毎月のローン額がどのくらいになるのか計算しましょう。また購入する際に必要な諸費用や購入後の費用にから考えましょう。
家づくり予算・資金計画

注文住宅で必要な現金は何にいくら?これだけ用意しておけば安心です

頭金をゼロで購入したとしても、家を購入する際に費用がかかることは知っていますか?土地を購入する時と住宅ローンを組む時にかかる費用を記載しています。また家の購入後にかかる毎月の資金についてもまとめています。

家づくり予算・資金計画

注文住宅で頭金なしでも家は建てられるし、その方が良い場合もあり!

家の購入は頭金なしでもローンを組めることはご存知でしたか?さらに頭金なしで購入してしまうほうが有利になる理由もあるのです。長期にわたりローンを支払わなければならないので、明確な資金計画が必須になってくるでしょう。
家づくり予算・資金計画

注文住宅で家を建てるための資金計画・どうやりくりすれば良いの?

希望の家が大体どのくらいトータルでかかるかをまずは知る必要があります。予算を建てた、理想が予算内に収まるかをひとつひとつ検証し、無理であれば妥協してグレードを下げる計画を行います。自己資金を把握し無理のないローン計画を立てましょう。
家づくり予算・資金計画

注文住宅で家を建てるための値段が正しいかどうかわからない場合

同じ建材や資材であっても、仕入れルートや仕入れ数が違うだけで値段は変わります。また同じ作業でも会社によって作業代金は変わるでしょう。相場が分からない場合ベストなのは、複数の会社の見積もりを取り比較することです。
家づくり予算・資金計画

注文住宅で家を建てる場合の最低金額はいくら必要になるのか?

家の平均的な総額を知り、トータルから具体的に削れる部分は削っていけば最低金額が見えてきます。土地代がかからない状況であれば1000万円台の家を建てることも無理ではありません。削れる部分やコスト削減のための工務店選びについて記載しています。
家づくり予算・資金計画

注文住宅で十分に住みやすい家を建てるための資金はいくら必要?

住みやすい家は家族全員が快適に生活できる家です。そのため間取りや家の設計方法は家族の人数や年代によっても変わってくるでしょう。間取りが増えれば費用もかかります。妥協せずに家を作ったらどれくらいの資金がいるのかを調べてみました。
家づくり予算・資金計画

注文住宅で家を建てるための頭金はいくら必要になる?用意したい金額

ハウスメーカーの広告などに頭金なしと書かれていますが、頭金なしで家を購入すると毎月のやりくりが苦しくなります。用意できるのであればある程度自己資金を用意しましょう。平均的な4000万円の家を買う時の一般的な頭金について記載しています。
家づくり予算・資金計画

注文住宅で家を建てるための頭金はいくら支払うもの?平均について

頭金はどんな場合も必ず用意しなければならない法律で定められた金額はありません。工務店によっても頭金なしとしている家もあります。平均的な家の頭金は600万~700万が妥当です。毎月の支払いを考えて自分にとっての適正な頭金を考えましょう。
家づくり予算・資金計画

いくらから検討できる?注文住宅で家を建てるための予算の目安

家を建てる際にかかる費用の平均は分かっても、どのくらい年収があれば購入を検討できるのか目安が知りたいところですね。年収400万からと昔から言われていますが、それ以下でも返済額をシミュレーションすれば可能な場合もあります。
家づくり予算・資金計画

注文住宅で家を建てる時の相見積もりで得する見積もり方法のコツ教えます!

家を建てる時は、複数の業者に相見積もりをしてもらいましょう。1社だけに頼むデメリットや、相見積もりの重要性について解説します。相見積もりを行っておけば見積もりの段階で値引き交渉もしやすいというメリットについても知っておきましょう。
家づくり予算・資金計画

間違いは許されない?注文住宅で家を建てるための予算の決め方とは

満足できる家を買うために資金計画はきちんと行いましょう。予算オーバーになりやすい理由や建てた後の失敗する原因、また予算計画を行う上で重要なポイントを詳しく記載しています。余裕を持った予算を考えることが第一です。