家って500万円くらい簡単に損しちゃう実話

注文住宅で家を建てるための頭金はいくら支払うもの?平均について

家づくり予算・資金計画

注文住宅で家を建てる時には頭金が必要になりますが、いくら支払うかについては意見が分かれるところです。

ここでは平均とされる頭金の額とあわせて、自分にとって適正な頭金の決め方についてご紹介します。

注文住宅で家を建てるための適正な頭金とは

頭金は家を建てるための費用の一部として支払うもので、手付金と呼ばれることもあります。

ハウスメーカーや工務店ごとに建設費用の何割と割合を決めていることもあれば、頭金不要ということもあります。

いくら支払うか厳密に決まっていないため、頭金として準備する金額について悩む人は少なくありません。

一般的には建設に必要な金額の2割程度を頭金にすれば良いと言われます。

昔はそのくらいの頭金がなければ住宅ローンの融資が受けられなかったからで、その名残から来ているものでしょう。

現在は頭金の額や有無に関係なく申し込めるローンも多いため、必ずしも2割が適正とは言えません。

家族構成や年齢によっては少ない頭金でも問題ないでしょうし、逆に3割、4割あった方が良い場合もあります。

まずは家の建設にかかる総費用を計算してみて、2割だといくらになるかを考えてみましょう。

そうすることで貯金から頭金を支払えるのか、数年かけて頭金を貯金する必要があるのかなどを判断することもできます。

頭金の平均はいくら?

家の建設にかかる費用の全国的な平均は3000万円~4000万円と言われています。

昔から言われているように2割の頭金を準備するとなれば、600万円~800万円必要になるということです。

ある調査によると実際に家を建てた人の頭金の平均は約700万円となっています。目安とされる金額と平均額に大きな差がないということは、それが妥当な額だと考えることもできるでしょう。

しかし2割必要だからという情報を元に、その額を貯金したと考えることもできます。

もちろん平均額ということで2割以下の人がいるのは間違いありませんし、それ以上の人がいるのも確かです。

別の調査では、100万円以下の頭金で家を建てた人が3割を超えるという結果も見受けられます。

それと同時に1500万円の頭金を準備してから家を建てた人が、半数以上という調査もあります。

いくらの予算で家を建てるのかなど頭金の額は条件によって変わってくるため、平均額はあくまでも参考として考えましょう。

頭金を増やせばローン返済がラクになる

頭金が貯まるまで家の建設を始めなかった人の多くは、ローン返済がラクになるようにという理由で頭金を多く準備しています。

目的を持って貯金することで計画的に頭金を貯め、2年~5年かけて建設の準備をしているようです。

多くの住宅ローンでは返済期間が30年~35年となっており、その間に不測の事態が起こることは十分に考えられます。

頭金を増やせば月々の返済額を抑えられるだけでなく、返済期間を短くすることもできます。

そのため、返済計画が破綻するリスクも減らせますし、毎月の家計の負担も軽減され生活への影響を抑えることが可能です。

また頭金が多ければ、ローンの申し込みをした時の審査で落とされる不安も減ります。

ただし貯金している間に金利が上がってしまい、ローン返済の負担が増える可能性もゼロではありません。

金利がどうなるかはあくまでも予想しかできませんが、今よりも上がると考える人の方が多いのも事実です。

その前にローンを申し込みたいということで、頭金が貯まるのを待たずに建設を始める人もいます。

頭金の額を基準にするのか、将来の金利を考えるのか、いつ建設を始めるかのタイミングの決め方に正解はありません。

自分にとって適正な頭金の決め方

頭金が多い方が返済がラクだとわかっていても、貯まるまで待てないこともあるでしょう。

しかし全く自己資金がないまま建て始めると、資金計画で躓いてしまうかもしれません。

頭金をいくらにするか決めるには、無理なく返済できる借入額を基準にするのも一つの方法です。

月々の返済額に無理がないのであれば、目安となる金額以下の頭金であっても自分にとって適正額と言えます。

借り入れ可能な額ではなく、返済できる金額を目安にするというのがポイントです。

現在の家族構成だけでなく、将来的に子供が増えた場合や成長に伴い教育費が増えた時のこともきちんと考慮してください。

注文住宅で家を建てるという目的が果たせても、それを維持するために無理をすると家族にも悪影響を及ぼします。

現時点である程度の貯金がある場合は、いくら残しておくかで頭金を決める方法もあります。

不意の出費に備えられる貯金を残し、それ以外のお金を頭金にする方法です。

自由に動かせるお金を手元に置いておくことで、気持ちにも余裕ができるでしょう。

頭金は一般的に建設費用の1割~2割と言われますが、平均額もその範囲内と言って良さそうです。

ただし必ず2割の頭金がなければいけないということでもないため、自分に合った額を目標に貯金するのがお勧めです。